2015年05月01日

航空機には・・・・・。

沖縄 機上私が前々から不思議に思っている素朴な疑問。

船舶には、救命ボートや救命胴衣がある。
それは理解できる。

では、航空機は・・・各ドアの脱出用スロープが、航空機から離れてボートになる。
各座席の下には、救命胴衣がある。
地球の7割は海だから、そうなったのだろうか・・・・・。
でも3割の陸の場合は・・・。
何故、パラシュートが無いのだろう?
パラシュートは、誰にでも使える気軽な道具じゃない?
では、救命胴衣は、いったい何人の人が使った事がある経験者といえるだろう。

例えば、御巣鷹山の事故の場合に
パラシュートがあれば、まだ何人か助かった人がいたかもしれないという仮説は立たないだろうか。
戦争時代のゼロ戦はパラシュートが装備されていたという。
果たして、パラシュートの降下訓練まであったのだろうか。

私事で言わせていただければおねだり (2)
私は、パラシュートがほしい。
どうしても、ほしければ持参しかないのだろうか。
でも、どうやって、どのタイミングで出られる可能性があるのか・・・。
1万メートル上空では、無理なのは理解できる。
では、3000メートル位なら、どうだろう。

航空機にパラシュート・・・無駄とは思えないが。

写真は、以前に沖縄上空での機内から写したものと
ご飯を食べ終わって、空の皿を寂しそうに見つめるリコ。
その気になって、お代わりをあげると
必ず食べ過ぎ、お腹を壊します。


azumaeng at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

プロフィール
ギャラリー
  • 年度末は東京へ
  • 大阪で迎えるカウントダウン
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • リコが逝って3ヶ月
  • 公衆電話
  • ご報告
  • 都心の公園
  • 武田信玄
  • 武田信玄
  • 航空機には・・・・・。
  • 航空機には・・・・・。
  • 仙台への出張
  • 仙台への出張
  • 100年という時
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • 命の花を、ご存知ですか?
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 硫黄島
  • 硫黄島
  • 戦後69年
  • 戦後69年
  • 国の成熟
  • 電話
  • 家長が消えた。
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 家族
  • 低い投票率
  • 国旗
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • ビックデータ
  • 地元の商店街
  • 携帯電話
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 事務所で仕事中のリコ
  • 父親について
  • そっとしておく思いやり
  • 熊の木圦
記事検索
月別アーカイブ