2015年03月01日

100年という時

ペリーの黒船が日本へ来たのが、1853年。谷在家公園 (1)
私の生まれたのが、1953年。

わずか100年前だ。
私の祖母は、103歳で他界した。
つまり一世代の時という事になる。

その100年を見た人(1853-1953)も、いるわけだ。
どのように感じたのだろう。
交通機関も通信機関も、電気もガスも水道も無い時代。

私が、もしも100年生きたとしたら
1953-2053ということになる。
すでに60年を経過したが
1853-1953のような、時代の変化を感じるのだろうか。

2053・・・どんな世の中になっているのだろう。

公園で、16歳と3ヶ月(人間年齢では、100歳近いと思う)となる愛犬「リコ」
16年前を思い出しているのかなぁ。


azumaeng at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

プロフィール
ギャラリー
  • 年度末は東京へ
  • 大阪で迎えるカウントダウン
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • リコが逝って3ヶ月
  • 公衆電話
  • ご報告
  • 都心の公園
  • 武田信玄
  • 武田信玄
  • 航空機には・・・・・。
  • 航空機には・・・・・。
  • 仙台への出張
  • 仙台への出張
  • 100年という時
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • 命の花を、ご存知ですか?
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 硫黄島
  • 硫黄島
  • 戦後69年
  • 戦後69年
  • 国の成熟
  • 電話
  • 家長が消えた。
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 家族
  • 低い投票率
  • 国旗
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • ビックデータ
  • 地元の商店街
  • 携帯電話
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 事務所で仕事中のリコ
  • 父親について
  • そっとしておく思いやり
  • 熊の木圦
記事検索
月別アーカイブ