2012年11月01日

少年の教育

法人会屋形船 (1)前月は子の教育について感じたことを書きました。
今月は、少し成長して少年(私は男家族に囲まれて、少女のことがよく分からない)について。

少年少女になると行動半径が広がる分、親の影響だけでなく地域や学校の影響も受けるでしょう。
教育者もここ50年あまりで大きく様変わりをしてきました。
それによって学校の抱える問題も変化しています。
ここでは、何が良い悪いを述べるのは控えます。
現状が答えと思っています。

地域の影響も受けるでしょう。
昔よくいた「近所の怖いおじさん」が、減りました。

現在の少年少女たちの親の年齢は、おおよそ40歳前後という状態でしょうか。
つまり最初の「ゆとり教育」を受けた世代が親になった(ゆとり教育は1980年度、1992年度、2002年度から施行された学習指導要領に沿った教育)わけです。
ゆとり教育を受けていない私は、その善し悪しは語れませんが。

「生涯学習」という言葉があります。
徐々に少なくなっていた「道徳教育」
何故か社会科では、明治維新後の近代史が少ない。
縄文石器時代より大切と考えるのは、私だけかもしれませんが・・。

「愛国心」という言葉があります。
美しい言葉です。
小さなことでは、「道路にゴミを捨てない」
これも国土を綺麗に保つ愛国心でしょう。
道徳教育の賜物でしたよね。
そして、近代史を学び
これからの日本に貢献したいと思う少年少女の育成。
それらがうまく機能したら、10年後20年後の日本がどのようになっていくのかなぁ。

写真は、カメラを構えたら丁度ライトアップしたゲートブリッジです。

船上(屋形船)からの撮影で、船の揺れがあるのでボケています。



azumaeng at 09:00│
プロフィール
ギャラリー
  • 年度末は東京へ
  • 大阪で迎えるカウントダウン
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • リコが逝って3ヶ月
  • 公衆電話
  • ご報告
  • 都心の公園
  • 武田信玄
  • 武田信玄
  • 航空機には・・・・・。
  • 航空機には・・・・・。
  • 仙台への出張
  • 仙台への出張
  • 100年という時
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • 命の花を、ご存知ですか?
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 硫黄島
  • 硫黄島
  • 戦後69年
  • 戦後69年
  • 国の成熟
  • 電話
  • 家長が消えた。
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 家族
  • 低い投票率
  • 国旗
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • ビックデータ
  • 地元の商店街
  • 携帯電話
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 事務所で仕事中のリコ
  • 父親について
  • そっとしておく思いやり
  • 熊の木圦
記事検索
月別アーカイブ