2012年10月01日

子の教育

生まれ持った性格というものが、本当に存在するのか
私自身、生まれた時の記憶はなく分からない。リコ0歳
分からないことを、考えても仕方がないので
その後について、感じたことを書く事にした。

まず、大きいのは親の影響。
どのような形であれ、そばに居るか居ないかは別として
必ず、ひとつの生命には両親が存在する。
この場合、影響を受けやすいのは、そばに居る親だろう。
(そばに居ない親も、周りの話などで影響を受けることになるが)
短気で大声が多く、ビンタも飛ばす親もいるし
(叱ると怒るは別物と親が理解していれば、子に気持ちは通じると私は思う)
静かに話して諭す親もいる。
どちらが良いとかは、先ほどの「持って生まれた性格」なるものが存在すれば
一概に、これが良いという結論には至らない。

三つ子の魂、100までも・・・という言葉ある。
それが本当だとしたら、本人の分からないうちに魂が形成されるわけだ。
しかも、三歳まで教育するはずの親は当然、第一子については初心者という事になる。
なんとも心もとない話だが、なんの経験もない初心者が
100まで続く三つ子の魂を形成する事になる。

本当は、そばに経験者がいることが多い。
それは、親の親・・。
必ず生きているというわけではないが、かなりの確率で存命している。
子は祖父母から直接に影響を受けるだけではなく
「子」は、「親」が「親の親」に対して、どのように接しているか
それら全てを見て聞いて、成長していくのだろう。

核家族という言葉が現れて、長い時間が経つ。
人々は、何か忘れ物はないのか・・・振り返る時期に差し掛かっている。
(写真は愛犬リコ0歳、現在14歳)


azumaeng at 09:00│
プロフィール
ギャラリー
  • 年度末は東京へ
  • 大阪で迎えるカウントダウン
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • リコが逝って3ヶ月
  • 公衆電話
  • ご報告
  • 都心の公園
  • 武田信玄
  • 武田信玄
  • 航空機には・・・・・。
  • 航空機には・・・・・。
  • 仙台への出張
  • 仙台への出張
  • 100年という時
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • 命の花を、ご存知ですか?
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 硫黄島
  • 硫黄島
  • 戦後69年
  • 戦後69年
  • 国の成熟
  • 電話
  • 家長が消えた。
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 家族
  • 低い投票率
  • 国旗
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • ビックデータ
  • 地元の商店街
  • 携帯電話
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 事務所で仕事中のリコ
  • 父親について
  • そっとしておく思いやり
  • 熊の木圦
記事検索
月別アーカイブ