2012年07月01日

時代はめぐるという

「三丁目の夕日」は、その時代を知る人だけでなく光が丘公園
知らない若者にも、共感を得ているという。
不思議な現象だ。

映画の中の家族や、人と人のつながりが映画を見る人に
何かを作用してしているように思う。
高度成長時代は、父親不在(単身赴任等)で、共稼ぎの家族も多く
私の家の近所でも、沢山の子供たちが爺ちゃんか婆ちゃんや親戚や知人に預けられていたという記憶がある。

キャッツ&ドッグ (1)皆が今より貧しかったが、小さな家に
爺ちゃんや婆ちゃんを含む家族が、小さなちゃぶ台を囲んで生活していたものだ。
私の家の周りは、商店が多く両親が一日中在宅の家もあった。
時代背景か、片親も多かった。両親が他界している子供もいた。
船上生活者もいた(当時は材木の運搬に川を使用していた)。

テレビや、電話は少なくて、コンピューターゲームのない時代
公園は勿論、空き地に置いてあった土管や、崩れかけた空家
交通量が少なかったので、家の前の未舗装道路など。
家に風呂のないところが多く、銭湯などが子供達のコミュニケーション会場となる。

前置きが長くなりましたが、14年間連続で3万人を超える自殺者がいるという。加須ドックカフェ
流行やファッションも時代は回るという。
少子化でも、家族のあり方が昔に戻る可能性もある。
核家族とか、子供部屋とかが減って、昔の家族の形に戻ることはないのだろうか。
当時は家族のいない人も多かったが、近所で人の輪を持っていた。
それが解決の道などと単純な事ではないと思うが
何かの糸口にならないものだろうか。
高齢化社会というが、高齢者の知恵を活かす方法が欲しいと思う。

写真は、福を運ぶという(私が信じています)愛犬リコ。


azumaeng at 09:00│
プロフィール
ギャラリー
  • 年度末は東京へ
  • 大阪で迎えるカウントダウン
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • リコが逝って3ヶ月
  • 公衆電話
  • ご報告
  • 都心の公園
  • 武田信玄
  • 武田信玄
  • 航空機には・・・・・。
  • 航空機には・・・・・。
  • 仙台への出張
  • 仙台への出張
  • 100年という時
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • 命の花を、ご存知ですか?
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 硫黄島
  • 硫黄島
  • 戦後69年
  • 戦後69年
  • 国の成熟
  • 電話
  • 家長が消えた。
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 家族
  • 低い投票率
  • 国旗
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • ビックデータ
  • 地元の商店街
  • 携帯電話
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 事務所で仕事中のリコ
  • 父親について
  • そっとしておく思いやり
  • 熊の木圦
記事検索
月別アーカイブ