2015年11月01日

リコが逝って3ヶ月

3ヶ月たち、大きく開いた心の穴が腰掛
わずかだが、小さくなったような気がする。
それが又、悲しい。
結局、一日に一度はリコを思い出し涙する。
でもその瞬間は、リコは私の側にいると感じる。

私のパソコンは、全部、リコの背景写真で10秒ごとにシャッフルで変わる。
携帯電話も同じ。
家の中も、いたるところにリコの写真を飾ってある。

私の周りを、リコずくめにすることで
心の均等を保っています。

16年間と8ヶ月。
間もなく11月2日・・17歳を迎えることが出来なかったリコの誕生日です。

心の底から愛したリコでした。


azumaeng at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月01日

山手線からの景色

私は、小さい頃、鶯谷から高田馬場迄
よく母に連れられて出掛けた。

私は、靴を脱ぎ座席に反対向きに座り外を眺めたものだ。
とにかく遠くまで良く見えた。
山手線の線路は高いところにあり、当時は2階建ての家屋が殆ど。
デパートにいったって、せいぜい7階くらいだったと思う。

デパートに行く時はサスペンダーつきの半ズボンに革靴。
母のワンピースとハイヒールが実にカッコよかった。

食べ物は、日の丸の旗付きお子様ランチ。
良い子に、買い物を付き合っていると、最後には屋上公園があった。

そういえば、駅の近くには良くダンスホールもあったなぁ。
昭和の20年代。
貧しくとも活気があって楽しかったなぁ。



azumaeng at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月01日

公衆電話

今はめっきり少なくなった公衆電話。公衆電話
その貴重な電話が我が家の隣にある。
玄関から10メートルと離れていない。
災害緊急時は、携帯電話は繋がりにくくなる。
家の固定電話も、携帯ほどではないが繋がりにくくなる。

そんな時に、力を発揮するのが公衆電話だ。

電話の中では、一番繋がりやすい。
そんな強い見方が、直ぐ隣にいる。

有難いことだ。


azumaeng at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
ギャラリー
  • 年度末は東京へ
  • 大阪で迎えるカウントダウン
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • 久しぶりの京都観光
  • リコが逝って3ヶ月
  • 公衆電話
  • ご報告
  • 都心の公園
  • 武田信玄
  • 武田信玄
  • 航空機には・・・・・。
  • 航空機には・・・・・。
  • 仙台への出張
  • 仙台への出張
  • 100年という時
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • スカイツリー
  • 命の花を、ご存知ですか?
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 60歳記念の自問自答
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 支えているもの
  • 硫黄島
  • 硫黄島
  • 戦後69年
  • 戦後69年
  • 国の成熟
  • 電話
  • 家長が消えた。
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 1年を経過して
  • 家族
  • 低い投票率
  • 国旗
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • 楽しい時間を過ごしました。
  • ビックデータ
  • 地元の商店街
  • 携帯電話
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 散歩中の出来事
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 鹿児島
  • 事務所で仕事中のリコ
  • 父親について
  • そっとしておく思いやり
  • 熊の木圦
記事検索
月別アーカイブ